美人をつくる部屋づくり

部屋を美しく整えれば そこに住む人も美しくなるかもしれない

ZARAのフォトフレームと目指すイメージ★黒いファイルとボックスは・・・

   

一ヶ月以上振りの更新ですが、部屋づくりに思いを馳せるのは、洋服のことを考えるより楽しい櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

で、先日ZARA HOMEに行って、これは!と思うフォトフレームを見つけました(半分ウソで、半年前くらいに見つけて、ようやく決断がついた、が、正しい)

 

何が「これはっ!」なんだよって感じの、普通のフォトフレームなのですが、このフォトフレームが持つ雰囲気やディテールや色が、全部自分好みだなーと思って、そうだ「このフォトフレームが合う部屋にしよう!」って

 

ナチュラルで、シンプルで、でもシンプル過ぎない装飾が入っていて、それは伝統的な形だけど、洗練されていてどこか都会的で、上品。

シルバーと、黄みの少ないちょっとグレイッシュな木目の色も、とても好みです。

×ほっこり
×モード
×ロマンチック
×塩系

テイストが合わないものの選別基準にもしたい。

そうなるとですね、まあ、悪くない感じに整えていったリビングの棚が、「ねぇ、なんかこれ、違うよね。」ってなるわけですよ。

 

「ま、黒じゃないよね。」

そもそも、棚の「切りっぱなし」な雰囲気が、ちょっとインダストリアルとか、塩系とか、ハンサム系な雰囲気寄りで、上品シンプルに寄せにくい。

この棚改善企画は、2,3年のうちになんとなくやっていて、特に「こういうスタイルで!」という確かな指針がないままで・・・。

無印良品の、このスタイリングに憧れたんだけど、これって自分が目指すテイストと違うよね・・・。

無印良品:スタッキングシェルフ(画像はこちら

最近インテリアブログを更新するようになり、ファッションブログで「なりたいイメージを明確にすること」の重要性を学んだり、ファッションもインテリアも食卓も、同じテイストになっていくのが自然じゃない?と。

色が揃って来たので、棚が部分的にはいい感じになったんだけど、その方向性がちょっとオカシイという、そもそも論に立ち戻っているところです。

実はこの無印良品の黒いボックスを追加購入しようとしていたのだけれど、踏み留まりました・・・。

棚を全部変えるのはあまり現実的ではない・・と悩みつつ、「イメージを明確にする」という根本の作業をもっときちんとやっておかないと、と思う今日この頃。

お皿だと、これ。ジノリのミュージオホワイト。

改めて自分の好きなテイストを象徴するモノ〜ジノリのお皿・ミュージオホワイト〜

ginori1.jpg

 

イメージの集約、基本、象徴として、このフォトフレームも。

ここにどんな写真を入れるかも重要ですよねぇ・・・シンプルで、トゥーマッチじゃない、エレガントさを感じるアート・・・どんなだよそれ・・・を入れたいなぁ。

 

で、この表紙の絵の飾り方や雰囲気がとても素敵で、棚の上はそのままパクりたいなと密かに思っています・・・

このスペースをポスターで飾りたい。

ポスターフレームも、黒じゃない方がいいな・・・そしてフォントならOptimaがいいな。

櫻田こずえオフィシャルフォントはOptimaに決定したという話

ということで、せっせと集めた切抜きや画像を厳選中です。

10年後くらいには、おしゃれな人になってそうな気がするんだけどなぁ←10年後に声に出して読みたい

 - 理想のインテリアイメージ