美人をつくる部屋づくり

部屋を美しく整えれば そこに住む人も美しくなるかもしれない

2015年6月16日
by kozue
3 Comments

引越を検討しているレポ★JKKって何ですか?おトクです

営業:この物件はJKKなんで、ここらへんの相場より安いんですよ。

櫻田:じぇーけいけい?

営業:礼金・更新料・仲介手数料は不要ですし。

櫻田:マジ?

えぇ、皆さまJKKってご存知ですか?

■ JKKとは「住宅供給公社」のことです。

Jyutaku Kyokyu Kousyaで、JKKと。

要は、地方公共団体系がマンションとか持ってて、
ちょっと安い感じに、収入の低い人には補助なんかもして、
賃貸を運営してる「公社」です。天下り先なのかしら。

その中の「JKK東京=東京住宅供給公社」の物件だったんです。

どんな物件があるかはこちらのサイトから検索してみて下さい。
全ての物件情報がネットに公開されており、間取りや空室も確認することができます。

http://www.to-kousya.or.jp/chintai/index.html

全国の住宅供給公社はこちらから
http://www.zenjyuren.or.jp/list.html

 

■ UR賃貸や一般相場と比べて安い!は本当かも

UR賃貸って、覗いたことあります?
JKKよりUR賃貸の方が有名だと思うんですけど、
URって結構いい分譲マンションみたいなのが、
かなりの高価格帯で出ていて「高い!」というイメージ。
(UR賃貸は国が運営、JKKは各都道府県が運営、みたい)

櫻田の感覚値ですが、JKKの方が価格帯が低いというか、
手頃な物件が出ているように感じます。

また、一般的な相場の物件と比べても安い。
同じグレード、間取りだったら、1,2割高いよね、って感じです。

ぼーっと不動産検索サイトを見ていて、
あらこれは相場より安いかも♪って問い合わせたら、
JKK物件だった訳です。

内見をして思いました。この家賃でこの仕様・・・JKK以外考えられない!

 

■ JKKって誰でも借りられるんですか?

いえ、誰でも借りられる訳ではありません。
まずは、大きく分けて3種類の物件があります。
  1. 都営住宅 (低所得者向)
  2. 都民住宅 (中堅所得層向)
  3. 一般賃貸 (所得は下限だけ)
で、いろいろ規程がありますが、一番大きなハードルはこちら。

・単身はNG(一般は単身OK)
・収入の下限と上限(入居者全員足す・子供のバイトも・一般は下限だけ)がある

ちなみに、収入の審査については、入居時のみで、
その後収入が減ったり増えたりしても大丈夫みたいです。
(不動産屋さん談)
都民住宅は「東京都に住んでいる人限定」とかもあります。

詳しくはJKKのサイトでご覧下さい。
http://www.to-kousya.or.jp/chintai/beginner/index4.html

・書類審査があり、書類を揃えるのが面倒

というのは、デメリットとしてありますね。
住民票とか収入証明とか必要です。面倒。

なお、JKKには公営住宅(所得の低い方向け)とか、高齢者向け等もあります。
また、子育てファミリー優先、みたいな物件もあります。

 

■ 街の不動産屋さんでも案内してくれます

もちろんJKKに直接問い合わせればいいんですが、
実は普通の不動産屋さんも、案内することができるんです。
扱わないというところもあるかもしれませんが、
不動産検索サイトにJKKの物件を出している不動産屋さんも沢山あります。

また、ウワサによると、JKKの対応は「さすがお役所ですね!」って感じらしく、
普通の不動産屋さんに対応をお願いした方が、
内見の日時等、融通も効くしいいんじゃないかなと思いました。

JKKのみの場合、このような流れになるそうです。
http://www.to-kousya.or.jp/chintai/service/1-3.html

この中の、「内見」と「空室が出たときの申込」を、
街の不動産にやってもらった、というのが、櫻田の場合です。

ちなみに、仲介手数料は掛かりません。
JKKから不動産屋さんに手数料が支払われるようです。
内見と仮申込が終り次第、JKKとの直接やり取りになります。
だから、契約には結局JKKに行かなきゃいけないんですけどね。

 

■ 割安=人気=なかなか空室が出ない=出ても瞬殺

HOME’Sとかスーモ等の不動産検索サイトに掲載されているJKKの物件は、
いいなと思うものは、恐らくすでに空室ではないと思います。
なぜなら、それはJKKのサイトで既に公開されており、
そんな割安ないい物件を市場が放っておくことはなく、
常に虎視眈々と狙っている輩がおり、瞬殺で申込されて行くからです。

JKK Watcher (JKKとは関係のないサイトです)
http://jkkwatcher.com/duration-between-open-close/
人気物件は10分とかで埋まって行くんですね、はい。

人気アイドルのチケット並みのJKK物件。どうすれば射止められる?

王道はJKKのサイトに登録しておくこと。
空室が出た時にメールが来るようなんですが、
いつもメール見て万全の体勢を整えているわけじゃないし、面倒。
多分、申込に成功するのは何度も申し込んだことがある人か、不動産屋でしょ。

そこで、不動産屋さんにお願いしておくと、
空室が出た瞬間に仮申込をしてくれるみたい。
営業さんは毎月のノルマが掛かってるから、頑張ってくれるはず。
これが一番ラクなんじゃない?
名前とか勤め先とか、収入をおおまかに渡しておく事が必要ですが。

で、仮申込期間があるので、その間に内見を済ませて、
本当に申し込むかどうか考える、という作戦。
または、内見だけ済ませておくことも可能です(後述)。

なので、期日が決まっている方には、ちょっと難しいかもしれません。
今のお住まいに不満のある方が、現在の更新月は気にせず、
良い物件があればいつでも引っ越します!
という場合には、とても有効だと思いますよ。

■ 空き待ちすら「年に一回の抽選」という超人気物件も

めっちゃ倍率が高い物件は、年に一回抽選をするみたい。

JKK Watcherの倍率ランキング
http://jkkwatcher.com/bid-point-history/

何その248倍って!?

平成27年度 都民住宅あき家入居者待機者募集対象住宅一覧
http://www.to-kousya.or.jp/chintai/tomin_s_k/index2-4.html
今年は5月に募集があったみたい。

でも、これだけ人気っていうのは、それだけおトクってことですよね★
のんびり新居探しされている方は、オススメ!

■ これまでの櫻田の流れ

今の住居に若干不満のある櫻田さんの、JKK物件との出会いとその関係。
引越を検討しているのでレポしてみる★現状確認

・不動産検索サイトで相場よりちょっとおトクな気になる物件を発見

・不動産屋に電話したら既に埋まっていた
気になる物件は埋まってた
→これJKKです、と説明を受ける(本記事)

・埋まっているといっても「仮申込」でまだ未入居なので内見させてもらう
気になる物件を見に行ってみた

・気に入ったので「仮申込用紙」的なものに記入をし連絡を待つ←今ココ

ということで、続報をお待ち下さい☆

・・・ちなみにすみません、ちょっと遡って書いてまして、
先日不動産会社から連絡が来たんです!ということで、早速続報書きます。
JKKの思わぬ落とし穴も・・・。

■ JKK関係の役に立ちそうなサイト

必須のJKK Watcher
http://jkkwatcher.com/

URのついでに JKK 特優賃も自重しないであたるといいと思うよ
http://d.hatena.ne.jp/kskmeuk/20090303/1236059928

東京都住宅供給公社の借り方のコツ(R不動産)
http://www.realdanchiestate.jp/?page_id=1674

住宅供給公社の賃貸って?(All About)
http://allabout.co.jp/gm/gc/30422/

JKK東京 体験レポート
http://www.hikkosi7.com/jkk/