美人をつくる部屋づくり

部屋を美しく整えれば そこに住む人も美しくなるかもしれない

2014年5月31日
by kozue
4 Comments

「インテリアは私の生き方」

日本のインテリア本に何か不満というか違和感を覚える、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

北欧系とか、シンプル系とか、ナチュラル系とか、
ジャンルの差はあれども、なんだか誤差位で、
アイテムが一緒だったり、やたら無印だったり、似たり寄ったりで。

まぁ、自分だってそうだし、ファッション雑誌もそんな傾向にあるしなぁ・・
でももっと、なんか、私っ!って感じのが欲しいと思っていて、
誕生日ステイ時にこれぞっ!と購入したのがこの一冊。
やたらとしまいこんでホテルのような部屋っていうのも、
いいっちゃいいんだけれど、
例えば家にあるものがすべて「好きなもの」で構成されているとしたら、
散らかっていても、並べてあるだけでも、統一感が出て、
それはステキな居心地の良い空間なんじゃないかなと思ったり。

今は収納、お片付けブームが続き、シンプルなものが好まれていて、
櫻田もそういうのが好きだから、それはそれでいいんだけど、
そうじゃなくて、もっと「その人が見えるような部屋」を見てみたい。

そう、光野桃さんの「贅沢スタイル」にある、

インテリアはその人を物語るものであり、
そこに住む人が表現されてこそ美しい調和を生む。
あなたのインテリアは外見と一致していますか?

を体現するようなインテリア写真集なのです。

「贅沢スタイル」光野桃★外見とインテリアの一致
http://room.sakuradakozue.com/zeitaku-style-mitsuno-momo/

■ 「インテリアは私の生き方」の構成

1つのお家で4ページ。
簡単なインタビューの内容と、間取り図等の情報もありますが、
メインは豊富で美しい写真です。

ほぼ、住んでいらっしゃる方も写っていて、そこが櫻田的グッとポイント。
インテリアがその人を物語っているか、ブツブツ評論しながら見ます(笑)

ちなみに、全部お金持ちの部屋です!
一般人は到底真似できないような豪華なお部屋ばかりですが、
理想のイメージを探るためには、丁度良い浮世離れ感だと思います。
クロワッサンプレミアム特別編集 インテリアは私の生き方 パリとミラノ35人の住まい実例集 (マガジンハウスムック)

■ 心に残った言葉

各お家紹介のタイトル的な一文に、グッときました。

おしゃれに暮らすのは、見せるためではなく、自分たちの快適さのため。

おしゃれなお部屋にしてブログで見せびらかせたいなーとかダメだよね(笑)

おしゃれに暮らすことが快適、自然なことなんだ!
きっと、息吸って吐くのと同じくらい、朝顔を洗うことと同じくらい、
おしゃれでいることが自然なことなんだろうなぁ。

そして、何が自分らしいおしゃれ七日、何が好きなのか、
めちゃクリアーなんだろうなぁ。

文章は少ないけれど、その家一つ一つに、
住んでいる方のポリシーを、生き様を感じます。


そして、理想の女性をインテリア雑誌の中に見つけました!
http://imasarabijin2.blog.fc2.com/blog-entry-499.html

私はこんな女性になりたいです。



ちなみに、図書館で眺めているだけなのですが、
この本も、住む人の個性が出ていてかつ美しい、
楽しくて素敵なインテリア写真集。
世界の楽しいインテリア-DESIGN SPONGE at HOME-
世界の楽しいインテリア-DESIGN SPONGE at HOME-

インテリアは私の生き方ってことは、私の生き方って(部屋を見回す)こんななんだ・・・と若干しょんぼりしましたとさ(笑)

2014年5月23日
by kozue
「大人の洗練インテリア」で夢のお部屋を妄想する はコメントを受け付けていません。

「大人の洗練インテリア」で夢のお部屋を妄想する

キレイなインテリアのビジュアル本を眺めていたくて買いました。

・今日、今スグ役に立つというより、家を建てる時に役に立つ感じ
・家具や雑貨をどう配置、というより、家、部屋全体のイメージ作り
・お金かかってるな的実例ばかりゆえ、あくまで夢の家のイメージを広げるために
こんな広い部屋に住めるわけがない、
こんな家具やこんな大きな絵は、私の部屋には入らないし似合わない・・・

そんなことを考えるのはヤボです!

妄想の羽をバッサバッサと広げ、理想の自分をその部屋に配置し、
衣食住全方面で、自分の理想を思い描きます。

「どうせ私なんて無理・・・」という発想はやめ、
美しいキッチンで料理する自分を思い浮かべ、夢や理想を描きましょう。
それが理想・夢実現の第一歩です。

otonanointerior2
こんな感じのシンプルモダン系のインテリアがお好きなら、
自分の「好き」をビジュアルで明確化する助けになると思います。

otonanointerior1
北欧系とか、ナチュラル系がお好きな方は、そういうテイストの写真もありますが、
ちょっと違うな、と思われるかもしれません。
カッシーナ、アクタス、コンランショップ辺りがお好きなら、
ピッタリだと思いますよ。

ちなみに、本の大きさがA5サイズで小さめなのですが、
確認せずにアマゾンでぽちったので、手元に届いた時びっくりしました。
ちっさい!って(笑)

インテリアのビジュアルブックは雑誌サイズが多いので、
どうぞお気をつけくださいませ。



以下のシリーズもアマゾンのレビューも好評だし、
ゲットしたいなと思っています。
ちなみに「洗練」は、アマゾンの中古で送料込507円で買いました。

2014年5月21日
by kozue
4 Comments

コンロ回りの油の瓶をコンロ下に収納したらスッキリ♪

コンロの横に、サラダ油、ごま油、オリーブ油を常時スタンバイさせてました。
瓶がべたべたになりやすいんだけど、ラクだしいいかなーって。

20140413_kitchen
でも、こんまり先生の本にコンロ回りは何も置くな!と書いてあって、
断捨離の本でも、皆コンロ回りはキレイに何もなくて、
良く考えたら、実家でもここにモノ置いてなくて、
コンロの下にアルミを敷いた何かに入れて置いてたなー。

しまってみたら、超スッキリ!
掃除がしやすい上に、容器がベトベトにならず、
さらに、作業スペースが広がっていい事づくめ!

conro_abura1
コンロ下から油をいちいち取り出す作業は、さほど億劫ではありません。
1回の調理で多くて2,3回ですし、
その代り、コンロ横スペースを拭くのがとても簡単に。

conro_abura2
断捨離でスペースが出来ていたので、サクッと入りました。
お鍋のフタはこれから移動する予定。

20140413_kitchen_under2
こんな状態でしたから・・・・・

conro_abura3
油の下のハコは、靴箱のフタにアルミホイルを二重に敷いています。



お片付け、気持ちよくってクセになりそうです(笑)
少しずつ、一つずつですが、使いやすい、美しい部屋を目指して、
改善して参ります♪

2014年5月19日
by kozue
2 Comments

夫バッハ君の収納にも少しずつ手を出す★下着編

部屋のあちこちがすっきりして、家中の空気が良くなってきた気がする、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

先日まきこさんから頂いたコメントで「ケガレ」の概念というものを教えて頂き、
あぁ、それは今まで考えて来なかったっ!と、とても良い刺激を頂きました★
ありがとうございます!ちょっと興奮して記事に先に書いちゃいましたが、
改めてお返事させて下さい。



ところで、櫻田は夫婦2人暮らしなのですが、夫バッハ君の生活の「ルール」的なものには、
一切口を出さずそのルールに従う、という方針でおります。

バッハ君は元々キレイ好きで何事もきちんとしているので、口を挟む必要もないのですが、
20年以上1人暮らししている人の、今まで築き上げて来たルールを、
あまりとやかく言うと不愉快にさせちゃうと思うので。

靴下のたたみ方とか、パジャマを洗う頻度とか、洗い物の仕方とか、
たとえ非合理的でも、バッハ君の今までのやり方、を尊重していました。

断捨離も「絶対に、バッハ君のもの、または共用のものには手を出さない。」
という方針でやっていましたが、ガツガツ捨てる櫻田に影響されてバッハ君も捨て出し、
先日、Tシャツと下着、靴下の断捨離をしていたので、
便乗して、バッハ君ルールでしまっていた引き出しを、少し変えさせて頂きました。

bachd1
・Tシャツは小さくたたんで重ねる。
・パンツ(黒いカタマリに見えるもの)は4つ折にしてこれも重ねる。
(櫻田が洗った物を上に置き、バッハ君は下から使う)
・靴下はてるてる坊主状態にして、左を頭にしてわさっと入れておく。

靴下やストッキングをくるっと丸めて、
「ゴムが伸びている状態=衣類が休めていない状態』
でしまうのは良くない、というこんまりさんの指摘に納得したので、
まずは靴下のたたみかたをかえました。

後はこれでも全く問題ないのですが、靴下が見にくい&取りにくいなーとか、
バッハ君取るとき少し大変かなとか。

ま、自分のお片づけがちょっと行き詰まっているから、
他人の引き出しを片付けたくなったってい言うか(笑)

まずはこんまりさんお得意の靴のハコを使って整理してみました。

bachd2
取りやすくなったし、見た目にもキレイだし、何より場所が余っちゃって(笑)
とてもスペースの有効活用が出来ました。
ということで、お隣の引き出しに入っていたハンドタオルも入れちゃいました。

bachd3
これはなんだか少し違和感があって、ハンドタオルは元に戻しました。
でも、スキスキ過ぎなので、何か有効活用したいと思っています。



で、で、まきこさんーーっ!
靴箱をこうした収納に使うのってどうなんでしょう?
(濡れたふきんで拭いて乾かして使ってます)
さらに、下着とタオルを一緒に入れるのはどうなんでしょう?

なんとなーく疑問に思いまして。
もし読んで下さっていて、お時間がもしあるようでしたら、一言アドバイス頂けると嬉しいです!
なんか、プレッシャーになってしまっていたらごめんなさい!
スルーして下さいね。

2014年5月14日
by kozue
4 Comments

断捨離してよかったこと★動線に沿ったモノの配置が可能に

断捨離して本当に良かった!と実感しまくっている櫻田こずえです、
皆さまごきげんよう!
それは日々感じているんですが、いくつかご紹介しますね。

以前は収納がいっぱいいっぱいで「あいている場所にどうにか詰め込む」
だったのですが、断捨離してスペースが沢山出来たので、
「場所はいくらでもあるので、使いやすい場所に置く」
ということが可能になり、ストレスが減ったよ!ということ。

■ フローリングワイパーの柄とクロスが別々に収納されていた


以前は、洗面所の下にクロスの詰め替えを押し込んでいました。
これはスペースがなかったというのもありますが、
あまり考えていなかった、というのもあります(笑)

dosen1
洗面所の下の奥の方に突っ込んであって、取るの大変だったの・・・
ただでさえお掃除ってやりたくないのに、これじゃやる気削がれるよね!

場所を整え、モノの置場を整えることで、
快適な生活が得られ、ストレスが減る、ということが理解できて、
より良い状態を考えるようになって、これはオカシイなと気づいて←遅いよっ

そういう意識改革って、とっても大切です。

dosen2
これを、柄のすぐそばに配置しました。
玄関すぐの納戸の入り口の、無印の引き出しBOXの上なんですが、
そこにグチャっと置かれていたものがきれいさっぱりなくなったので、
そこに折りたたみ傘と日傘も置けるようになりました。
(ここのすぐ横に長傘もある)

これで、玄関出て、あ、ヤバイかも!と、
納戸の奥に折りたたみ傘や日傘を取りに戻る必要がなくなりました。
素敵★


■ バックがクローゼット部屋に移動!


今まで、クローゼット部屋ではなく、寝室の押入れにバックがありました。
それは、クローゼット部屋にスペースがなかったことと、
昔は寝室の押入れに洋服をしまっていたので、その名残で・・・

こちらも意識改革が寄与してます。

dosen3
断捨離してポールに相当空きが出来たので、
一部のバックを吊るしたり、下に置いたりしました。


■ 毎日お気に入りの服しか着れなくなりました



また「ときめかない服」を捨てたので、
毎日お気に入りの服しか着れなくなりました。
これはスゴイ効果です。

毎日の装いが、確実に格上げされ、
セルフイメージが相当アップします。

今日の装い
http://imasarabijin2.blog.fc2.com/blog-entry-478.html

恐るべし、断捨離&お片付けの効果っ!

キッチンもどんどん改革してます。
レポが追いついていません。がんばりますっ!

2014年5月11日
by kozue
4 Comments

アクセサリー収納を研究する

アクセサリーの断捨離を終え、とりあえず一か所に集めました。
キレイに並べても、プラスチックの引き出しなのですぐにグチャグチャに。
あ、ま、元からそれほどキレイに並べていませんでしたが・・・

acce7 #えぇ、引き出しが落ちないように、ジーンズを穿いた膝で支えながらの撮影です。

まずは収納雑誌をめくったり、

グーグルで「アクセサリー収納」で画像検索したりして、アイディアを考えました。

「アクセサリー収納」画像検索結果

・一か所にまとめて保存したい(一覧できるように)
・吊るして保存、はしたくない
・ホコリをかぶらないように、引き出しに入れたい

ということで、ベストではない気がしつつ、とりあえず無印の引き出しに入れています。

acce10 一番左の一番上の引き出し。
ちょっと深いので、アクセサリー収納には不向きかなと思いつつ。

無印良品週間&お誕生月の500円割引で、アクセサリー収納ケースを買いました。
お試しに3点ほど。

acce6
で、とりあえずこんな感じに。

acce8
まだケースが必要。もしくは、まだ断捨離が必要・・・かな?
あまり使わないアクセサリーは、2段に重ねてもいいかな・・・うーん。

多分、アクセサリーって、そんなに必要ではない気がするし、
本当にオシャレな人って、少ししか持っていないような・・・

ま、あまりやせ我慢にならない程度に、厳選して参りたいと存じます!

 

2014年5月9日
by kozue
2 Comments

さて、捨てるのは大方終わったが・・・これからどうする?

「片付け祭り」「断捨離」と、捨てるのは大方終わった今、
もの凄い達成感はあるものの、はて次はどうしたらいいんだっけ?
とアホ面でぼーっとなってる櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

そういうときは、昔のブログを読み返してみます。

人生がときめく片付けの魔法をかけてみることにした
http://room.sakuradakozue.com/konmari-kataduke-magic1/

そうだよ、ちゃんと計画立ててたんだっけ。
(これ、ヤラセではなく、本気で忘れていたのです。。)

・お片づけ計画1:理想の暮らしをイメージする
・お片づけ計画2:ときめかないモノを捨てる
・お片づけ計画3:持ちモノの定位置をすべて決める

そう「次は持モノの定位置をすべて決める」だった!
すべて、そうすべて決めるのです。



捨てるのを終えると、収納がもの凄く簡単になっています。
本棚に空きができてしまったり。

karatana2 karatana3 karatana1
収納ケースがまるまる一つカラになって、他も空き空きになり、

karatana5
パンパンだった小物整理用のケースが6段中3段カラになり、

karatana4
たいしたことしなくても、なんとなくモノが減って整理され、
自然とキレイに収納されてしまっています。

hikidashib2 2階層になっていて、上のものをどけないと下のものが見えないという状況・・・

hikidashia2 重なるものはなく、リビングで荷物が減って余ったケースを入れたら、
きれいに収まってしまった。

hikidashib1 こちらも重ねていれているし、グチャグチャだし、なぜか本が突っ込んであるし・・・

hikidashia1 スッキリ☆

こんまりさんの言う、
「モノを捨てる前に「収納のワザ」に走ってはいけない
の意味がよく分かりました。

しかしもちろん、「持ちモノの定位置をすべて決める」とまでは行っていないので、
こんまり流に収納をして行きたいと思います。



参考になりそうな、収納に関するこんまりフレーズをいくつかピックアップして、
心に刻み込んで取りかかろうと思います。

収納は限界までシンプルに
趣向を凝らした収納って、たいていつくった側の自己満足

あぁ、そういう「お片付け」サイト多いですよね・・・
同じブロガーとして「ネタに尽きちゃうから」だろうと思うのですが。

なお、こんまりさんオススメの収納グッズは「靴のハコ」だそうです!
櫻田も早速使ってますっ!
収納のための収納グッズ・・・って本末転倒になってたりしますしね。

頭で考えてく封しない。迷ったら家とモノに聞いてみる。

これは頭に叩き込んでおきたい!自己満足で終わらないように・・・

バックは毎日空にする

これ、やりたいと思います!

見えないところの「文字情報」を減らす

雑音を減らすってとても大切。

モノだって、自分のいつもの場所に帰ってくれば安心します。

なるほど!なんだかスピリチュアルな気もしてしまうけれど、
これってすごく大切なことですよね。

キッチンや洗面所辺り、住所不定で心もとなくふらついているアイテムが多い。
一つずつ住所を決めてあげたいと思います。
「インテリア」「デコレーション」的なことも妄想しながら、
素敵なお部屋目指してまずはお部屋全体の「雑音」を払って行きます!


2014年5月7日
by kozue
3 Comments

「贅沢スタイル」光野桃★外見とインテリアの一致

zeitakustyle
「紹介されている写真はどれも、ため息がでるような贅沢さと華やかさ。」

あぁ、バブル期の欧米崇拝全く実用的でない系インテリア写真集か・・
と思ったのですが「あなたのインテリアはファッションと合っていますか」
という帯に惹かれたという、amazonの書評を読んで、ポチッとな。
(中古が送料込で300円未満だったのも大きい:1996年初版1,748円)


恐らく絶版?

■「贅沢スタイル」の構成

写真半分、文字半分の写真集&エッセイ本。構成は以下の通り。

・光野さんの美しいエッセイ
・イタリア人のお家訪問レポ(これがメイン)
・光野さんの妄想インテリア計画

本のサイズがB6サイズ大程度なので、写真集としては少し残念なサイズ。
妄想インテリア計画は、レポが雑誌に掲載したもののため、
それだけの編集し直しでは・・・と書き下ろしたものかと思います・・・
光野さんの文章は美しいけれど、写真はデコレーターの作った作品であり、
彼女のインテリアの写真ではなく、キレイだけどつまらないかなぁ・・不要。



メインはとにかくイタリア人のお家訪問レポと、
そこから展開される光野さんのインテリア論がキモ。

光野さんがイタリア在住のバブル後半期に、
セレブファッション雑誌25ansのために取材したイタリアの邸宅の数々。
もちろん25ans向けハイソサエティのものばかりですが、
(フェラガモとかヴェルサーチの家)
いくつか、普通の家庭っぽいものもありました。

でも、そもそもこの本は、掲載されたインテリアの、
表面的な真似ではなく、形に宿る精神、インテリアを作る上での心構え、
みたいなものを学びましょうね、という方が主題かと思うので、
その写真が我々の参考になるかならないかは、あまり関係ないのです。

■ 「贅沢スタイル」超要約

インテリアはその人を物語るものであり、
そこに住む人が表現されてこそ美しい調和を生む。
あなたのインテリアは外見と一致していますか?

暮らしのスタイルを積み重ねた先に、
私らしいスタイルのあるインテリアが作られるのです。

イタリア人家庭をレポして↑的なことを光野さんが気づいて行く過程を、
一つ一つ追うことができる感じです。

■ 心に残った光野さんの言葉

人は10歳まで育った環境から一生逃れられないという説がある。それだけ環境が人を作るということだろう。だとしたら、外に出て行く時ばかりおしゃれしてもだめなのだ。自分らしいインテリアに住んで初めて、おしゃれも背景をもつといえるのではないだろうか。

「おしゃれも背景をもつ」だと!
やはり、美人になるためにはインテリアも気合いを入れないと!←何か間違っている

インテリアというのは家具と同義語だと思っていた。〜中略〜
インテリアとは自分にとっての心地よさを、自分自身と対話しながら形にしていくようなものではないだろうか・・・家具ではなく、まず人なのだ。

自分が何を考え、どんなことに価値観をもち、どういう生活パターンを望んでいるのかがわからなければ椅子ひとつ買うこともできない。

ファッションもインテリアも、つきつめれば「自分がどう生きるか」ということを形にしたものである。

光野節炸裂!
ファッションもインテリアも、本気で取り組むと、
本当に同じような壁にぶち当たる。
自分はどう生きたいのか・・・うーん、インテリア精神論本です。

彼女自身とインテリア。そのイメージは揺るぎなく一致していたのである。

そんな人に、私はなりたい。



表面的な「装飾」に心を惑わされることのないよう、
無駄なインテリアショッピングをすることのないよう、
折を見て手に取って読み返したい本です。


2014年5月3日
by kozue
2 Comments

ブランドの紙袋と見栄と収納と★その2

断捨離Basicを読み直して、捨てることの意味を再確認している、
櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

なんでもかんでも捨てればいいんじゃない。
モノと自分の関係を見直して、そして、「今ここにいる自分」の輪郭を、
太く鮮やかなものにするために!
で、ブランドの紙袋と見栄と収納
http://room.sakuradakozue.com/brand-shop-bag/

紙袋を断捨離したつもりになっていたけれど、
全然減っていなかった件・・・
再度片付けました。

20140413_shinshitsu_kamibukuro


kamibukurosute2


kamibukurosute3
あぁ、すっきり!
本当は小さな袋の中も捨てようと思ったのですが、
小さなビニールの、ショップでもらう分厚くてキレイなもの、
結構使うシーンがあるなと思って、取っておくことにしました。
ここら増やしません!

2014年5月2日
by kozue
「ときめかないモノを捨てる」こんまり流お片付け+断捨離:小物編3 はコメントを受け付けていません。

「ときめかないモノを捨てる」こんまり流お片付け+断捨離:小物編3

本日まずはアクセサリーの片付け。
これが気が重かった・・・だってこんなんだもん↓
acce0 これはあくまで一部です。
使っていないものも沢山・・・・

acce1 アクセサリー&ヘアアクセサリーまとめてガーっとすべて出しました。
もう、何これゴミの山?的な。

acce4 フォリフォリっていつ買ったヤツだよ・・・・もうフォリフォリのリングはないのに(笑)
大方処分。

acce3
この手作りピアスケース、結構活躍したんだけどね。
この箱、コンタクトレンズの箱に、切れ目を入れてね、作ってあるの(笑)

恋する毛穴:逆プロから98日目
http://keananobaka.blog123.fc2.com/blog-entry-393.html
この2011年の記事で5年前に買った、と言っていたから、
恐らく、8年以上前に買ったコンタクトのケースということ(笑)

で、使っていないピアスたちを外し、主に手作りアクセサリーを集めました。
片方なくなったもの、切れちゃったもの、作った当初は頻繁に漬けていたものの・・・

これら、ここ1年以上着けていないし、ときめくものは選り分けたので、
処分することにしました!もちろんケースごと(笑)

acce5
一番右のシュシュは、カメラ君が自分好みに櫻田を変えるために、
購入して来てくれたグッズその1(笑)
懐かしいわー、捨て。
シュシュなどもうしないので、捨てることにしました。

acce2
バラバラになっていたピンやゴムなどを整理した図。
あら、撮影順番間違えた。
ここからさらに、シュシュとか、袋とか、ネックレスとかまだ捨てました。

acce9
赤のバッテンがさらに捨てたもの。
入れる場所はまだ作っていないので、とりあえず捨ては完了。

無印で整理用のグッズでも買ってこようかな♪

さらに、バック!

bag1
bag2
大き目の3つ捨てただけ・・・・バック計画は立て直したいです。
アクセントになるようなバックが欲しいなぁ。
クラッチとか。

あぁ、アクセサリーとバックはかなり時間が掛かってしまいました!
とりあえず一通りおわったかな。
総仕上げをしたら、最後は「すべてのものに住所を決める」だな。